低公害車について知ろう

低公害車を理解する

低公害車の定義

投稿日 2014年6月04日 4:02 AM | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

自動車は、生活していく中での必需品と言って良いほど、欠かせないものです。ですが、現在は中国で問題な大気汚染に大きな影響を及ぼしています。その中で、売れている自動車のほとんどは、「低公害車」です。

–¼Ì–¢Ý’è-2
現在、ガソリン車以外にも、さまざまな低公害を謳った自動車が開発、発表されています。そもそも、低公害な自動車の定義とはどういったものでしょうか。
いわゆる、一般的に「エコカー」という名前で呼ばれており、外へ放出される窒素酸化物、一酸化炭素、二酸化炭素などの大気汚染物質を含む排気軽ガスの量や騒音が少ない、環境保全を目的として作られた自動車を定義としており、その種類には、電気自動車やハイブリッド車、また燃料電池自動車などが一般的に知られています。

 
また、大気汚染物質の排出量が多い、関東地域では、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の九都・県・市地域で、平成8年3月に低公害の車であることを指定する制度を発足させました。この制度で、低公害な自動車と認められると、行政から指定証を交付され、自動車に貼付することができます。

 
これら、九都・県・市地域の窒素酸化物排出量の約半分は、そこを走っている自動車から排出されており、この地域が、率先して公用車などにも低公害なエコカーを導入していくことで、一般家庭にも広く、エコカーが浸透していくのを目的としているものです。

 

 

コメントを受け付けておりません。