低公害車について知ろう

低公害車を理解する

2014年6月 のエントリー


LPG自動車~LPガス燃料で

2014年6月19日 - 13:36 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

LPG自動車とは、プロパンやブタンを主成分としたガス体エネルギーであるLPガス(LPG)を燃料とした車のことです。LPガスはディーゼルやガソリンと比べると二酸化炭素の排出量が少ないのが特徴です。またLPガスは大気汚染の原因とされる窒素酸化物や硫黄酸化物をほとんど排出しませんので環境に優しいのが特徴です。

光01
LPガスはもともとは気体ですが、圧力をかけたり冷却することによって容易に液化することができます。液化させると体積は気体時の約250分の1に縮小します。こうすることで小型の容器に液体のLPガスを充てんして、大量のエネルギーを効率よく広範囲に供給することができますので、可搬性に優れた分散型エネルギーと言えます。

 
LPガスは1リットル約70円で、ガソリンや軽油と比べると低コストですので、経済性にも優れています。LPガス90リットルですと走行距離は約350~500kmとなりますので、ディーゼル車と比べても劣らない走行距離を走ることができます。長距離運転の多いユーザーには特におすすめです。
燃料補給は専用のLPガススタンドで行います。LPガススタンドは全国の主要都市を中心に約1,600箇所設置されています。他にもユーザーの敷地内に低コストで設置できる「簡易型LPガススタンド」の普及も進んでいます。

 
環境性能、経済性、利便性に優れたLPガスを燃料とした車の今後の普及に期待が寄せられます。

カテゴリー 未分類 | LPG自動車~LPガス燃料で はコメントを受け付けていません。

クリーンディーゼル車って?

2014年6月19日 - 13:35 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

クリーンディーゼル車とはNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)をほとんど排出しないクリーンな排ガスのディーゼルエンジン車のことを言います。日本では政府が2009年に施行した「ポスト新長期規制」というNOxやPMの低減を図るための排気ガス規制の基準に適合した車がこれにあてはまり、税制優遇されています。
ディーゼルエンジンの仕組みは、ピストンによりシリンダー内の空気を圧縮して、圧縮されて高温となった空気に燃料を噴射しそれによって燃料を自然着火させます。最も熱効率に優れる種類のエンジンであり、CO2(二酸化炭素)の排出量もガソリンと比べると少ないので、燃費もよく、環境性能も優れています。
しかし、ディーゼルエンジン車はエンジンの音や振動が大きく、排ガスにススなどのPMが多いことから黒煙を発生させるという欠点があります。

街
日本では排気ガス規制が施行された影響により、1990年代後半からディーゼルエンジン車の販売数は激減していきました。近年ではメーカー各社がポスト新長期規制に対応するためのディーゼルエンジン車の開発を進めた結果、従来のガソリン車と比べてCO2に排出量が30%少なくなり、排気ガスのクリーン化が実現しました。同時に静粛性も進化していきました。またトルクの力強さも増してよりパワフルに走りが体感できます。燃費も良くなり税制優遇や購入補助金制度も導入されていますので、エコノミー化も実現しています

カテゴリー 未分類 | クリーンディーゼル車って? はコメントを受け付けていません。

水素を燃料とした自動車 燃料電池自動車(FCV)

2014年6月19日 - 13:34 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

燃料電池自動車はFCV(Fuel Cell Vehicle)とも呼ばれ、水素を燃料とした電池を搭載し、空気中の酸素と反応させることによって発電したエネルギーで走行する車両のことです。水素ステーションで水素を補給し走ります。

花火02
電気モーター駆動時に水蒸気しか発生しないので、従来のガソリン車のように大気汚染の原因となる有害な排出ガスがとても少ないと言えます。また、ガソリン車と比較してエネルギー効率が約2倍ほどあり、低出力域でも高効率を維持できるメリットがあります。さらに、燃料となる水素の製造についても、天然ガス、エタノール太陽光やバイオマスなど、多様なクリーンで再生可能なエネルギーを利用することができます。枯渇するかもしれない石油と違い、無限に近い供給量が確保され、環境への負荷を軽減します。そして、電気モーターは音が小さく、車内の静かさ、道路の騒音問題を解決してくれます。

 
次に現状の問題点です。まず、水素ステーションの数が少ないことがあげられます。この車の普及にはインフラ整備が絶対不可欠です。技術的にはオーバーヒートしやすい、白金触媒では大量生産が難しい、走行距離が200キロ程度しかないなど、まだまだ解決すべき問題が残っています。

カテゴリー 未分類 | 水素を燃料とした自動車 燃料電池自動車(FCV) はコメントを受け付けていません。

注目されている電気自動車(EV)

2014年6月19日 - 13:33 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

環境に優しい自動車として特に大きな注目を集めているのが、電気自動車であるEV車です。

 

このEV車は各自動車メーカーで研究が進んでおり、販売されるまでになりました。
まだまだ価格は高額なものですが、今後はこのような自動車がたくさん街を走るのも珍しくなくなることと思います。
ですがそれまでに改善するべきことは価格だけではありません。

 

花火01
今までの自動車はガソリンが必要だったため、たくさんのガソリンスタンドを利用していました。
EV車はガソリンは必要としませんが、電気を充電できる設備が必要となるのです。
そのため充電スポットを全国に整備していく必要があるのです。
また各メーカーで充電方法を統一してコネクタも共通のものにしておく必要もあります。
充電方法やコネクタが違うと、各メーカー毎に対応した充電スポットが必要となってしまうため、とても効率が悪くなってしまいます。
今後は充電スポットのあり方についても、メーカーの枠を飛び越えて検討していくことが求められます。
たくさんの改善点がまだ残されているEV車ではありますが、次世代に必要な自動車となることは間違いありません。
各メーカーのさらなる技術の発展に期待が集まっています。

カテゴリー 未分類 | 注目されている電気自動車(EV) はコメントを受け付けていません。

ハイブリット車・プラグインハイブリッド車(PHV)

2014年6月19日 - 13:32 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

最近の自動車では環境に優しいクリーンな車を造る為にプラグインハイブリッド車が登場しました。

 
ハイブリット車は電気を充電しながら走行し充電が溜まるとエンジンへのガソリンの供給を止めてエンジンを電気で動かして走行する事で排気が少なくすみガソリンの燃費を良くする効果がありますが、プラグインハイブリッド車はガソリンを使わずに電気のみで走行しますので、排気もゼロにする事が出来て環境にも良い完全にクリーンな車となっています。

プレゼント04

 

プラグインハイブリッド車は走行する時に充電をする事は出来ませんので、家で充電してから出かけないといけませんが、最近では高速のパーキングやお店の駐車場で無料で充電する事が出来る様に充電用にプラグが設置されていますので、安心して出かける事が出来る様になっています。
充電のみで走れる走行距離はガソリン車に比べると短くなってしまいますが、家で充電しても短時間で充電する事が出来、省エネでガソリン代に比べると電気代の方が格段に安くすませる事が出来る様になっています。

 
特に買い物にしか車を使わずに短時間の走行ですむ人達にはプラグインハイブリッド車は人気になっていて乗っている人達も増えて来ています。

カテゴリー 未分類 | ハイブリット車・プラグインハイブリッド車(PHV) はコメントを受け付けていません。

低公害車(エコカー)の種類

2014年6月19日 - 13:32 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

環境に優しい取り組みはたくさんの分野で行われるようになっており、自動車業界でも多くの企業が取り組むようになっています。
以前では排気量の大きい自動車が重宝されていましたが、今ではできる限り環境を考えた自動車が人気となっています。
様々なエコカーがありますが、特に人気となっている種類はハイブリット車です。

 
ガソリンと電気の両方を使って走行するため、燃費が良く環境に優しい自動車となっています。
エンジン音も静かになっているので、騒音の心配もなくたくさんの方に好まれています。
そして今後期待されているのがEV車です。

プレゼント03
EV車は電気のみで走行するためハイブリット車以上に環境に配慮したものとなっています。

 
ですが走行距離が限られていたり車体価格が高額なため、将来的な自動車の形として注目されています。
また上記の種類に加えて、燃料を必要とするものの燃費が非常に良く低排気ガスの自動車も人気となっています。
軽自動車やコンパクトカーを中心にこのような自動車となっており、日常生活にとっても根付いた形となっています。
このようにたくさんの種類がありますが、どれもこれからの地球環境に配慮したすばらしい自動車となっています。
新車を考える際にはこのようなことを考慮して選んでいきたいものです。

カテゴリー 未分類 | 低公害車(エコカー)の種類 はコメントを受け付けていません。

バイオエタノール燃料とは

2014年6月19日 - 13:31 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

バイオエタノール燃料とは、バイオマスから生成されるエタノールのことを指すます。

 

主に内燃機関の燃料にすることを目的として使います。バイオエタノールのメリットとして、植物から生成するという点にあります。

 

これは再生可能な自然なエネルギーであることから、化石燃料と言われる石油の枯渇に対して非常に有効な対策となります。

 

また、地球温暖化の原因物質と言われる二酸化炭素の排出も、再度原料となる植物に吸収されるため二酸化炭素の量は差し引きゼロとなると言われています。この考え方はカーボンニュートラルと言われています。

プレゼント02

バイオエタノールの原料となるものとして、サトウキビやトウモロコシ、サツマイモなどのデンプン質を多く含む植物が選ばれる傾向にあります。

 

また、セルロースが多く含まれている植物から生成する研究も行われています。代表的な物に廃材や稲わらなどがあります。

 

このように、大きなメリットがありように見えますが、問題点もいくつかあります。

 

まず、バイオエタノールを生成するためにエネルギーを使います。

このエネルギーとバイオエタノールから得られるエネルギーの収支についてまだ詳しいことが分かっていないことがあります。

ただし、あまり高くないだろうとも言われています。

また、主に使われる植物は食料にもなるため燃料に使われるか食料に使われるかでお互いが競合してしまう恐れもあります。

カテゴリー 未分類 | バイオエタノール燃料とは はコメントを受け付けていません。

グリーンラベル・優遇税制

2014年6月19日 - 13:30 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

自動車における税金のうち、自動車税や自動車取得税については、低公害車として認められる場合に優遇税制を設けています。車両によく付いているグリーンラベルによって表示されているものがそれです。

 
このように一定の環境に配慮した車両については、優遇税制を設けることによって昔の古い環境にそれほど優しくない車両からの買い替えを促すことで、環境に優しい社会を目指していこうとする制度になります。

プレゼント01
ではより具体的に制度としてどうなっているのかですが、税目としては自動車税、自動車取得税の2つが挙げられます。自動車税ではこの環境基準に適用した自動車を購入した場合は、最初にかかる自動車税を環境性能に応じて減額し、また自動車取得税については、その税額から大部分、場合によっては全額減額しようという制度です。

 
自動車税については毎年課税が発生するものですから、最初の年のみ軽減されますが、自動車取得税は取得したときのみの課税ですから、2年目以降は課税そのものがないため考える必要自体がありません。

 
なお、環境に優しくないとされるものについてはディーゼル車両は11年を越えてから、ガソリン車は13年を越えてから、それぞれ逆に増税されて課税されます。

カテゴリー 未分類 | グリーンラベル・優遇税制 はコメントを受け付けていません。

低公害車の定義

2014年6月04日 - 4:02 | 投稿者 ていこうがいしゃをしる

自動車は、生活していく中での必需品と言って良いほど、欠かせないものです。ですが、現在は中国で問題な大気汚染に大きな影響を及ぼしています。その中で、売れている自動車のほとんどは、「低公害車」です。

–¼Ì–¢Ý’è-2
現在、ガソリン車以外にも、さまざまな低公害を謳った自動車が開発、発表されています。そもそも、低公害な自動車の定義とはどういったものでしょうか。
いわゆる、一般的に「エコカー」という名前で呼ばれており、外へ放出される窒素酸化物、一酸化炭素、二酸化炭素などの大気汚染物質を含む排気軽ガスの量や騒音が少ない、環境保全を目的として作られた自動車を定義としており、その種類には、電気自動車やハイブリッド車、また燃料電池自動車などが一般的に知られています。

 
また、大気汚染物質の排出量が多い、関東地域では、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の九都・県・市地域で、平成8年3月に低公害の車であることを指定する制度を発足させました。この制度で、低公害な自動車と認められると、行政から指定証を交付され、自動車に貼付することができます。

 
これら、九都・県・市地域の窒素酸化物排出量の約半分は、そこを走っている自動車から排出されており、この地域が、率先して公用車などにも低公害なエコカーを導入していくことで、一般家庭にも広く、エコカーが浸透していくのを目的としているものです。

 

 

カテゴリー 未分類 | 低公害車の定義 はコメントを受け付けていません。