低公害車について知ろう

低公害車を理解する

低公害車について知ろう

低公害車とは一酸化炭素や二酸化炭素といった地球環境を悪化させるような物質の排出が少ない自動車のことです。

 

大きく分ければ電気自動車・メタノール自動車・圧縮天然ガス自動車・圧縮空気車及びハイブリッド自動車があります。

 

これらの自動車は石油に依存することの無い性能が期待されています。

動力源に内燃機関を用いるタイプはメタノールやエタノール・圧縮天然ガス・LPガスや水素などを使用しています。

また動力源にモーターを用いるタイプは電気や燃料電池が使用されていたり、動力源に圧縮空気が使われていたりします。

他にも内燃機関と電気モーターなどの補助動力を併用するハイブリッド自動車があります。

現在研究開発中のものにはDME自動車・液化天然ガス自動車・ガスタービン自動車・スターリングエンジン自動車・太陽電池自動車などもあります。

排出ガスの低公害性が高い自動車の他に、排出ガスが全く出ない電気自動車などのタイプを無公害車と呼ぶこともあります。
車査定相場
 

しかしながら低公害や無公害とは言っても車両が走行する周囲の環境に対してのことであり、製造や廃棄する過程に於いては環境汚染物質は排出されますし、全くの無公害という自動車は存在しないためこれからの研究開発が待たれます。